Facebook・インスタグラムの運用 sns

Facebook・インスタグラムの運用

Facebook

 

Facebookロゴ

 

Facebookの特徴

Facebookは匿名性が少なく他のSNSよりもユーザーの信頼性が高いSNSです。

ユーザー層を見てみると他のSNSより30代~40代ユーザーの使用率が高く、多くの業種の企業がビジネスツールとして使用してます。

特にFacebook上での投稿に対し「いいね!」をAさんが行った場合、Aさんの友人であるBさんのタイムラインにも表示されるため、共感を得られやすい投稿を行っている個人や企業がFacebookの運用に成功しております。

 

効果的な運用方法

Facebook運用で必ず確認しておかないといけない指数が「リーチ」です。

リーチとは、、、

◎オーガニックリーチ
Facebookページ、ニュースフィード、リアルタイムフィードのいずれかでコンテンツを見たユニークユーザー数

◎口コミリーチ
友だちのアクションによって、コンテンツを見たユニークユーザー数

◎有料リーチ
ページのコンテンツに関連するFacebook広告またはスポンサー記事をみたユニークユーザー数

 

リーチ数が増えるという事は、投稿した記事がそれだけのユーザーに「露出」したという事です。
まずは露出できるユーザーを増やし、シェアやいいね!などのアクションを起こしてもらうようにする事が先決です。

 

では、どのように改善していくのか?

 

1、投稿とユーザーのマッチング

「ターゲット属性の興味や関心はどのような投稿なのか?」は、投稿してみなければわかりません。
さまざまなパターンの内容を投稿しリーチ数を比較し、いい結果を残した投稿タイプの内容を継続投稿していく。

 

2、投稿時間帯

どれだけ良い投稿内容だったとしても、ターゲット層がFacebookを使用する時間帯にアップしなければターゲット層が投稿を見ずにタイムラインの下に流れて行きます。タイムリーな時間帯に投稿する為にも、投稿した時間帯を確認し、どのタイミングが一番Facebook上に滞在しているかを把握していくことが大事です。

 

3、投稿タイプ

テキストだけなのか?画像付きがいいのか?それとも動画なのか?ターゲット層が好むタイプの投稿を知る必要があります。それぞれ投稿し改善して行く事が大事になってきます。

Facebookでは自社の投稿した内容がどのようなパフォーマンスをおこなったか?を調べるため、「インハウス」というページがあります。上記の内容で投稿を分析し、改善していきましょう。

 

インスタグラム

 

インスタグラムロゴ

 

インスタグラムの特徴

インスタグラムはFacebookとは違い、フォローしているユーザー以外はタイムラインに投稿が表示されません。その分、ハッシュタグ(#)についているキーワードを辿ってユーザーが興味のある投稿までたどり着く流れが本流です。また、画像に特化しているのでテキストでユーザーへ訴求するより画像の質により拡散しやすい傾向があります

 

効果的な運用方法

先ほども書いたように画像中心のSNSなので質の良い画像をユーザーは好みます。簡単にいうと「キレイな画像」です。プロカメラマンのようなレベルまではいかなくてもいいですが、画像編集アプリ等は使用した画像を投稿しましょう。

 

《参照》
https://android.app-liv.jp/hobbies/images/1432/

 

また、インスタグラムの他のSNS同様検索機能があります。1つの投稿に最大30個までハッシュタグ(#)を使用できるのでターゲット層とマッチングしたハッシュタグを使用しましょう。

 

Facebook同様、ビジネスプロフィールページとして登録するとインサイトページがあり

「性別」「年齢層」「人気の場所」「フォロアー 時間」「フォロアー 曜日」

を確認できるので、データを元にトライ&改善をおこなってください。

些細なことも
お気軽にご相談ください
INQUIRY

制作や既存サイトの運用など、ご質問・ご相談はこちらからお問い合わせください。
担当者より迅速に返信・回答いたします。

お問い合わせ