ランディングページ(LP)を改善する時に役立つツールと方法について listing

ランディングページ(LP)を改善する時に役立つツールと方法について

 

リスティング広告は運用型の広告です。

実際に運用し、改善を繰り返すことで効果を発揮します。

 

リスティング広告の着地ページとなる、ランディングページも同様です。

最初に作ったランディングページが最善のものとは限らないからです。

ランディングページにも、広告と同様に改善を繰り返す必要があります。

 

それでは、ランディングページの質はどうすれば改善できるのでしょうか?

今回は、ランディングページの質を改善させるためのツールと改善方法を紹介します。

 

ヒートマップ 〜ページ内での行動状況を知る〜

ヒートマップでは、ユーザーがページ内でどのような行動をしたかを、視覚的に知ることができます。

 

ヒートマップの解析画面上には、実際のページの写真上に、クリックした箇所が色付きで表示されます。

また、離脱率を確認する画面では、ユーザーの離脱率が高い箇所が、帯状に色分けされます。

もちろん、スクロール帯には、離脱率のパーセンテージも表示されます。

 

ヒートマップを使用することで、

 

  • ユーザーの興味関心があるページ内コンテンツ
  • ユーザーがページ内のどこを熟読したかやどこで離脱したか

 

といった情報を、一目瞭然で知ることができます。

そのため、サイト内のどの箇所を改善すれば良いかを判断するツールとして効果的です。

 

無料で使用できるヒートマップツール

ヒートマップツールの中には、無料で使用できるものもあります。

無料から使用できるヒートマップツールを幾つか紹介します。

 

Ptengine

https://www.ptengine.jp

無料で月間3,000PV数までを解析したヒートマップを1つ生成できます。

PC以外に、スマートフォン等のマルチデバイスに対応しています。

リアルタイム分析の機能も使用でき人気のあるヒートマップです。

 

Userheat

https://userheat.com

月間30万PVまでの解析を無料で利用することができます。

スマートフォン等のマルチデバイスの解析も可能です。

豊富な解析量を誇り、Ptengineと同様に人気の高いツールです。

 

mouseflow

https://mouseflow-jp.com

月間500PVまでを無料で計測できるヒートマップツールです。

他のヒートマップツールと違い、各ユーザーが画面のどこをスクロールしたかのリプレイを再生することができます。

そのため、ページのスクロールがどのあたりで止まったか(熟読したか)を、より詳しく知ることができます。

 

ユーザーの人物像をAIで自動解析するツール

Juicer

https://juicer.cc

Google Analyticsの情報をもとに、サイトに訪れた人のペルソナを自動で生成したり、サイトのABテストをしたりすることができます。

サイトの具体的な改善案を考える際に有効なツールです。

 

 

具体的な改善策を考える 〜ユーザー目線がやはり大切〜

ヒートマップツールを用いて、ページのどのあたりで離脱率が高いかを知った後は、なぜ離脱率が高いかを分析します。

例えば、文字情報が多ければ、目を引きつけやすい画像情報を入れてみたり、文字の間隔や行間を空けてみたりといった施策があります。

 

また、「お役立ちコラム一覧」の中で、クリック率の高い箇所を知ることができれば、訪問したユーザーの興味が高いコンテンツを知ることができます。

最終的には、やはり「ユーザーにとって見やすいレイアウトは何か」「ユーザーにとって有益な情報は何か」といった基本に立ち返り改善することが大切です。

 

まとめ

リスティング広告の運用では、広告の配信設定だけでなく、ランディングページの内容の改善も不可欠です。

 

今回紹介したツールは便利で、改善策を考える上で有効なツールです。

これらのツールを最大限使用するためには、

「なぜこのような解析結果になったか」

という理由の分析と、

「ユーザーにとってよりよい見せ方」

に向けた改善の繰り返しが重要になります。

 

弊社ではリスティング広告の運用代行だけでなく、解析結果の分析から改善についての相談も随時承っております。

広告運用の中でお困りの場合はお気軽にご相談ください。

些細なことも
お気軽にご相談ください
INQUIRY

制作や既存サイトの運用など、ご質問・ご相談はこちらからお問い合わせください。
担当者より迅速に返信・回答いたします。

お問い合わせ