リスティング広告運用コラム

税理士向けの結果の出るリスティング広告とは【2021年度版】

リスティング広告運用

税理士画像

 

 

弊社では数多くのクライアントさまからリスティング広告運用についてのお問い合わせを頂いております。
その中には税理士事務所や会計事務所を経営されている税理士さまからのお問い合わせもございます。
今回はそのような業界における集客や顧客獲得に有効的なリスティング広告の便利な設定についてご紹介いたします。

 

Google広告内でできる様々な設定

税理士関係の事務所は店舗商売の場合が多いです。この際に便利な多種多様な設定などもご紹介します。
※本ブログでは仮に東京都新宿区に事務所がある程で進行していきます。

◇主な用語
・CV(コンバージョン):広告をクリックしたユーザーが「お問い合わせ」や「電話相談」などの成果につながること。
・CPA(コンバージョン単価):1件の成果や顧客を獲得するために、どの程度の広告費用がかかったのかを表します。

配信地域設定

Google広告では広告を配信するエリア(地域)を詳細に設定することができます。
一言に配信エリアを設定といってもその手法は2つあります。

 

1、地域名で絞る

 

例)東京都新宿区などの地域名

 

地域名で絞る図

 

上記のように新宿区のみ広告を配信する設定ができます。
日本全国から各都道府県、市区町村などを選択して地域設定ができます。
市区町村単位までの指定が可能であり、幅広く地域の設定が可能となっております。

また、下記のように地域の設定は1つの地域ではなく複数の地域も選択可能です。

複数の地域も選択可能図

地域名で地域設定する場合、税理士が欲しい顧客の対象地域が明確に決まっている場合は効果的な手法です。

 

範囲で絞る

 

地域名で地域設定をするほかに、範囲(半径~km)で地域設定が可能です。
例)東京都新宿区から半径5km

範囲で絞る図

上記のように、ある特定の位置から一定範囲だけを地域設定できます。

また、範囲指定においては、地域名の他にも住所やピン、座標などからも中心地点を指定し、その地点から設定した半径の距離で地域設定が可能です。
さらに地域名で設定した時と同様に複数の範囲指定が可能です。

例)新宿駅、吉祥寺駅、練馬駅それぞれピン止めし、各駅から半径5kmの範囲で広告を配信しています。

中心地点を指定
このように半径を5kmと設定すると、半径5km以内にいるユーザーのみ広告が配信されます。
範囲で地域指定をする場合、異なるエリアに複数の事務所や支部を構えている場合や事務所の周りの地域だけの顧客にサービスを提供したい場合など、店舗向きの地域ターゲティングになります。

 

スケジュール設定

スケジュール設定とは指定した時間や曜日のみで広告を配信、停止することができる機能です。
例えば、多くの税理士事務所は土日祝が休業日です。その際に電話やお問い合わせが来た場合、対応に困ることが想定されます。この場合は広告を出し続けることは税理士事務所、ユーザー双方にとってマイナスです。その際にスケジュール設定で土日祝の広告の配信を停止すれば平日のみ広告を配信できる設定をできます。このため全体の費用対効果の改善が期待できます。また、CPA(コンバージョン単価)が高い日だけ広告を停止できるといった非常に便利な機能です。

例)配信したい曜日、時間帯など設定できます。

配信スケジュール設定
このスケジュール設定の機能を使えば、営業中にお問い合わせが来るようになりお客様への対応も迅速かつスムーズに行えるようになることが期待されます。
また、配信設定をした曜日と時間帯は次のように示されるため分かりやすい設定となっております。

配信設定をした曜日と時間帯

 

さらにスケジュール設定には他にも役立つことがあります。それは下記のように曜日ごとに各データが溜まることで曜日ごとの広告の成果をチェックできることです。

例)配信日:月曜日~金曜日の8:00~18:00

 

曜日ごとに各データが溜まる

例えば、上記の税理士事務所の場合の営業日かつ営業時間内に広告を配信しています。このデータから水曜日は一番クリック数が少なくCV(コンバージョン)も獲得できておりません。ですが木曜日と金曜日にはクリック数とクリック率ともに高く、CV(コンバージョン)も多く獲得できております。上記の通り、スケジュール設定の機能をうまく利用できれば数値成果の悪い日といい日の区別がつき、それに伴い広告設定するとCPA(コンバージョン単価)が改善できるなどのメリットがあります。

クリック数の多い時間帯は濃い青色

 

また、データが溜まると上記のようにクリック数の多い時間帯は濃い青色で表示されるようになり、逆にクリック数の少ない日は薄い青色で表示されるようになります。しかしこれはクリック数以外にもCV数(コンバージョン数)の多い時間帯や表示回数の多い時間帯など設定は様々です。

キーワードの除外設定

除外キーワード

この設定で広告を表示させるユーザーを絞ることで無駄な広告表示、クリックを抑止することが可能です。
例を挙げると、税理士事務所が広告を配信する場合の多くは会社設立希望の方や節税を税理士に相談したい方などのお問い合わせを求めています。
しかし、
税理士(事務所)とは
税理士事務所 求人
税理士 年収
税理士 英語
上記のようなキーワードで検索されるユーザーを果たして税理士事務所は求めているでしょうか。答えはNOですよね。キーワードの除外設定ではこのようなキーワードで検索されるユーザーに広告を配信させないようにし、ミスタップやインプレッション数を無くすことで広告の精度を高めることが可能になります。

 

まとめ

これらを元に考察をした結果、店舗商売の税理士や税理士事務所にとってリスティング広告は非常に効果的な集客手段のひとつになります。
株式会社セルフアチーブでは実際に広告担当者がお客様一人一人に親身になってご要望をお聞きし集客につながる高精度な広告作成、運用を行っていきます。「売り上げをあげたい!」方や「集客を伸ばしたいけどどこに依頼すればいいのか分からない」という方はぜひ一度、下記のリンクよりセルフアチーブまでお気軽にお問い合わせください。誠意をもってご対応させていただきます。

 

リスティング広告運用

セルフアチーブに
無料相談してみませんか?

制作や既存サイトの運用など、ご質問・ご相談は
こちらからお問い合わせください。
担当者より迅速に返信・回答いたします。

アクセスランキング

関連記事

リスティング広告運用

セルフアチーブに無料相談してみませんか?

制作や既存サイトの運用など、ご質問・ご相談はこちらからお問い合わせください。
担当者より迅速に返信・回答いたします。

ページトップへ