【担当者必見】ロングテールSEO対策用のキーワードってどうやって調べるの? seo

【担当者必見】ロングテールSEO対策用のキーワードってどうやって調べるの?

弊社のサービスで人気の高いSEO対策の中でも、特にお問い合わせに繋がりやすいロングテールSEO対策※をご希望の方が多い傾向にあります。

 

弊社の内部SEO対策を施せば、ほぼ100%の確率でロングテールSEO対策による集客を成功させる環境をホームページ内で構築できます。

 

ここで大事になってくるのが、「どんなキーワードでロングテールSEO対策を行うか?」です。

 

内部SEO対策により、どれだけ集客用のキーワードで上位表示できるようになったとしても、検索ユーザーにとって需要の無いキーワードだと意味がありません。

 

というわけで、今回はロングテールSEO対策用のキーワード選定の方法をご紹介します。

 

※弊社のロングテールSEO対策とはサイト内にブログ機能を設置し、ブログにて対策をおこないます。

 

Googleアナリティクス とGoogleキーワード広告

 

まず初めに、

 

「どのようなキーワードがニーズがあるのか?」=「どのようなキーワードでGoogle検索されているか?」

 

この認識が重要となります。

 

そこで「どのようなキーワードでGoogle検索されているか?」を調べる方法が必要となり、その方法はいくつかあります。

 

今回はその中でも特別な有料ツールを使用しない方法をご紹介します。

 

「Googleアナリティクス 」と「Googleキーワード広告」

 

です。

 

ちなみに、Googleアナリティクス内のサーチコンソールとの連動部分を使用しますので、

予め連動されているという前提でご説明致します。

 

参考:Googleアナリティクスとサーチコンソール連動の方法

 

Google サーチコンソールとは、

・どのようなキーワードで検索された際に、Google検索結果上でサイトが表示されたか?

・どのようなキーワードでサイトへ流入してきたか?

・特定のキーワードで検索された際に検索結果上での順位の状況はどうか?

などなど、他にも機能はたくさんありますが、今回は不要な機能の為、割愛します。

サイトへ流入後の解析をするためのGoogleアナリティクスとは違い、サイト流入前の状況を調査するサービスです。

このサービスはGoogleアナリティクスと連動する事ができます。

 

Googleアナリティクスからキーワードを抽出

 

Googleアナリティクス内説明画像

 

上記画像の

 

  1. 赤枠①、検索クエリを選択
  2. 赤枠②、表示回数をクリックし表示回数が多い順に並び替えをする

 

以上で準備OKです。

 

表示回数とはGoogle検索時、特定のキーワードで検索された際、100位内に御社サイトが表示された回数となります。

よって「表示回数が多いキーワード=Googleでの検索数が多いキーワード」とお考えください。

 

ここで、「表示回数が多いキーワードでブログを書けばアクセスも多くなる!」となる方も多いのですが、表示回数が多いキーワードは競合もSEO対策を行なっているケースが多い為、ロングテールSEO対策でのキーワードとしては使用しません。

 

Googleアナリティクス内説明画像

 

表示回数は減少しますが、上記画像の赤枠①のようなキーワードがロングテールSEO対策では最適です。

 

最適な理由としては、、

 

①競合他社がSEO対策をおこなっていない可能性が高く、上位表示されやすい。

②お困り系の検索キーワードなので、検索ユーザーの検索動機が強い為、サイト流入後お問い合わせに繋がりやすい。

 

となります。

 

Googleキーワード広告から抽出

 

Google広告内説明画像

 

上記画像の

 

  1. 赤枠①、キャンペーンを選択
  2. 赤枠②、キーワード内の検索語句を選択
  3. 赤枠③、表示回数をクリックし表示回数が多い順に並び替えをする

 

以上で準備OKです。

 

この画面ではGoogleでテキスト広告を配信している場合、どのようなキーワードで検索された際に広告が表示されたか?を確認できます。こちらでも「表示回数が多いキーワード=Googleでの検索数が多いキーワード」とお考えください。

 

ロングテールSEO対策用のキーワード選定はGoogleアナリティクスと同じです。

 

Google広告内説明画像

 

上記画像の内、赤枠キーワードのように

 

①競合他社がSEO対策をおこなっていない可能性が高く、上位表示されやすい。

②お困り系の検索キーワードで、検索ユーザーの検索動機が強い為、サイト流入後お問い合わせに繋がりやすい。

 

に当てはまるキーワードを選定しブログに使用してください。

 

まとめ

 

ロングテールSEO対策は適切なサイト環境で適切なキーワードで対策を行えば、必ずアクセス数が増える対策です。

ご自身のサイト内でブログ投稿が可能な場合、是非今回紹介した方法でキーワードを選定してからブログを増産してください。

もし、サイトにブログ投稿機能がない場合でも弊社でブログ投稿機能をつける事ができます。

その際はお気軽にお問い合わせください。

SEO対策

SEO対策

些細なことも
お気軽にご相談ください
INQUIRY

制作や既存サイトの運用など、ご質問・ご相談はこちらからお問い合わせください。
担当者より迅速に返信・回答いたします。

お問い合わせ