結局、WordPressのサイトってSEOに強いの? seo

結局、WordPressのサイトってSEOに強いの?

WordPressとSEO

 
「サイトにWordpress(ワードプレス)を入れるとSEOに強くなるの?」
 
このようなご質問をよくいただきます。弊社の見解は、、、

 

「強くなります」です。

 

語弊を招かない様に書くと

 

「適切なSEO対策をする環境を整えやすくなります。」

 

が正しい表現ですね。

今回はなぜWordpressだとSEO対策をする環境を整えやすくできるか?を説明したいと思います。

 

WordPressとは

 

そもそもWordpressとは何かご存知でしょうか?
Wordpressとは無料のブログソフトウェアであり、ブログを運用する事ができるだけではなく、サイトコンテンツ管理もできるシステムです。

 

要するに

 

「無料でブログサイトを簡単に作れるプログラム」

 

です。

ブログサイトというと、アメブロなどのブログをイメージしてしまいますが、デザインをカスタマイズできる為、どのようなデザインでもWordpressを使用してサイトを作る事ができます。

 

内部SEO対策観点で見ると

 

では、SEOに強いと言われる理由はどこにあるのでしょうか?

内部SEO対策観点で見ると以下の強くなる要素があります。

 

  • ドメインの統一ができる
  • 各ページのメタタグを設定しやすい
  • Googleへのサイトマップ送信がしやすい

 

ドメインの統一ができる

 

内部seo対策の1つでドメインの統一があります。
www有りのドメインとwww無しのドメインのどちらかにまとめることです。

本来この施策を行うには、サイト作成時の知識が必要となります。
しかし、 WordPressを使用した場合、Wordpressの管理画面より誰でも簡単に設定する事が可能です。

 

各ページのメタタグを設定しやすい

 

WordPressの特徴としてプラグインの存在があります。

SEOに関するプラグインも存在しており、各ページのメタタイトルやディスクリプションを簡単に編集する事ができます。
ページ数を多くなるとメタタグを付け忘れてしまう事もありますが、自動的に各ページへ付ける機能もあるので安心です。
ただし、SEO対策を強化する際は必ず各ページに固有のメタタイトルやディスクリプションを記入する癖をつけましょう。

 

Googleへのサイトマップ送信がしやすい

 

サイト内のページを改善後、Googleには出来るだけ早く改善された箇所を認知してもらい、評価してもらいたいものです。
こちらもプラグインを使用する事によりほぼ毎日サイト更新を確認するように設定することができ、改善後のタイムラグは最小限に抑えることができます。

 

ロングテールSEO対策観点でみると

 

WordPressがSEOに強いと言われる理由は「ロングテールSEO対策」にこそあります。

URL階層の最適化やミラーコンテンツ対策などSEO対策会社だからこそ行う追加施策はありますが、
内部SEO対策を適切に行っていれば、Wordpress投稿機能を使用したブログ記事は自然と上位表示されるようになります。

つまり、適切なロングテールキーワードで作った記事を固有のメタタイトルやディスクリプションを付け、内部構造が最適化されているサイトに投稿する事で上位表示されやすいブログ記事になる。という事です。

 

別記事:【担当者必見】ロングテールSEO対策用のキーワードってどうやって調べるの?

 

まとめ

一見、WordPressにはメリットしかないように見えますが、使用するサーバーによってはサイトが重くなる現象が出たり、セキュリティ面でも問題が生じる事があります。御社のサイトにWordpressを導入する際は、Wordpressでもサイト構築実数が多い会社を選ぶ事をお勧めします。

SEO対策

SEO対策

CONTACT

些細なこともお気軽にご相談ください

制作や既存サイトの運用など、ご質問・ご相談はこちらからお問い合わせください。
担当者より迅速に返信・回答いたします。

お問い合わせ

ページトップへ