SEO内部施策の技術要因として欠かせない3大エリアとは seo

SEO内部施策の技術要因として欠かせない3大エリアとは

SEO内部施策の3大エリアイメージ

 

初めてSEO対策をする際に、何から取り組めばよいか分からないと思ったことはありますか?

SEO対策をする場合に、自分たちで最初に行える施策は内部施策です。内部施策とは、検索エンジンがウェブサイトの構造や中身を正しく認識できるようにするための取り組みです。

人間にとって見やすいデザインでも、検索エンジンにとって、どのようなサイトかが分かりにくい場合は、残念ながら検索順位は上位に表示されません。

つまり、検索エンジンにサイトの内容とキーワードを正しく理解してもらうことで、自分たちが狙っているキーワードでの検索結果での上位表示に近づけます。

では、SEOの内部施策をする際に、まずはどこに注目すればよいのでしょうか?

検索エンジンにサイト構造を理解してもらうために、はじめに最適化すべき、サイト内部の技術的な要因が、3つあります。

その基本的な3つの技術的要因は、3大エリアと呼ばれています。

そこで今回は、SEO内部要素のうち、はじめに最適化をする3大エリアについて紹介します。

 

SEO内部施策の3大エリアとは

SEO内部施策の技術要因のうちで基本となる、以下の3つを、3大エリアと呼びます。

  • タイトルタグ
  • メタディスクリプション
  • H1タグ

これら3つのタグの意味と、役割について、以下に記載します。

 

タイトルタグとは

タイトルタグは、その名の通り、ページのタイトルそのものを指します。

タイトルタグに記載した文言は、以下の図の赤枠の部分として表示されます。

タイトルタグの画像

タイトルタグの文言は、人間から見て最も目に留まりやすいだけでなく、検索エンジンにとっても強い判断材料となります。

タイトルタグへのキーワードの盛り込みについて

タイトルタグに上位表示を狙っているキーワードを盛り込むかそうでないかで、SEOの効果は大きく異なります。

一方で、タイトルタグにキーワードを詰め込みすぎるのは、かえって逆効果です。

一般的にタイトルタグの中には、上位表示を狙っているキーワードを、短めのタイトルには1回まで、長めのタイトルには2回まで盛り込むのが望ましいとされています。

 

メタディスクリプションとは

メタディスクリプションは、そのページの概要説明を指します。

メタディスクリプションに記載した内容は、以下の赤枠に記載されます。

メタディスクリプションの画像

メタディスクリプションは、タイトルタグほどのSEO効果はないとされています。

しかし、SEO効果はあるため、上位表示を狙うキーワードは盛り込んだ方がよいです。

メタディスクリプションへのキーワードの盛り込みについて

メタディスクリプションの場合もタイトルタグと同様に、キーワードの盛り込みを、短めの場合は1回、長めの場合は2回までにすることが望ましいとされます。

 

H1タグとは

H1タグは、ウェブページの先頭の見出しを指します。

検索結果画面上では表示されず、ページを展開すると確認できます。

ちなみに、H1タグのHはheader(見出し)を意味しています。

H1タグはページ内の大見出しですので、ユーザーの興味を引く、ページを読み進めたくなるような文言が求められます。

H1タグへのキーワードの盛り込みについて

タイトルタグやメタディスクリプションと同様に、H1タグにもSEOの効果はあるため、キーワードの盛り込みは効果的です。

ただし、H1タグが長くても短くても、キーワードの盛り込みは1回までがよいとされています。

H1タグに複数回キーワードを盛り込むと逆効果になりかねないため、注意が必要です。

 

3大エリアにキーワードを記載する際の共通の注意事項

3大エリアにキーワードを盛り込むことで、SEO効果が期待できます。

ただし、記載の中では、主に以下のような注意事項があります。

 

  • キーワードは先頭に記載する。
  • キーワードは完全一致になるように記載する。
  • 1ページ内の3大エリアの文言は全く同じにならないように変化をつける。
  • サイト内のページごとに、3大エリアに記載の文言を変化させる。

 

特に、サイト内のすべてのページのメタディスクリプションを、同じ文言で記載しているサイトは散見されるため、注意してください。

 

弊社にお問い合わせいただいた場合は、今回のブログに記載の3大エリアの技術要因はもちろん、他の技術的な要因も最適化いたします。

また、SEOの内部施策には、技術的な要因以外に、サイトのコンテンツ要因もあります。

弊社では、どのようなコンテンツでサイトを制作すればよいかを、マーケティングの視点から企画し制作いたします。

その他に、既存のサイトの修正提案も、新規のサイト制作も、真摯に対応させていただきます。

まずはお気軽にご相談ください。

些細なことも
お気軽にご相談ください
INQUIRY

制作や既存サイトの運用など、ご質問・ご相談はこちらからお問い合わせください。
担当者より迅速に返信・回答いたします。

お問い合わせ